お問い合わせ
英語館

館長からごあいさつ

Home > 館長からごあいさつ

ごあいさつ

'When I’m a Teacher' (先生になったら)
これは高校時代のスピーチのタイトルです。

小さな教室を自宅に開いたのは約30
年前のことです。友人の作ってくれたたった枚の手作りポスターで集まったが最初の生徒さんでした。細々と教える中、「英語館」をきっかけに進路を決めた卒業生も見られるようになりました。

英語が好き、英語を教えたいという情熱しかないようなかった私を育ててくれたのは生徒の皆さんです。

この教室で試行錯誤するうちに出合ったのが
PLSシステム®です。PLS(Pacific Language School)は、私の人生を劇的に変えました。
教育委員会で国際交流や小学校英語に携わっていた
2004年、私はPLSシステム®の創始者の1人、マスミ オーマンディさんに誘われ、同年に新設されたPLS英語教育研究所で公立小中学校の英語教育プログラムに関わるようになりました。授業をされるネイティブの先生、担任、専科の先生方の研修も行うようになりました。異文化、英語、理論、コミュニケーションなど数多ある壁との戦いをマスミ オーマンディさんの実践と経験に裏付けられた説得力ある理論に励まされながら英語教育への情熱を燃やし続けておりました。


さてこのたび、マスミ 
オーマンディさんを始めPLSで習った大きな宝物を手に、PLSを退社し、地元貢献を目指すことになりました。

「英語館」で主に教えるのは、
PLSでの厳しい研修に耐えたネイティブの先生です。主に子ども対象のPLS教室とともに大人向けの講座も開講します。さらに小中学校での英語教育アドバイス、海外生活・留学相談などもしていきたいと考えています。

皆さんの夢や期待を現実に近づけるお手伝いをしたいと思っております。

英語館 館長 長谷川信子